アクセスアップに繋がるブログの更新頻度について

    こんにちは、秋山です!
    今回はこちらのご質問をテーマに情報をお届けいたします。

    読者さんからのご質問

    ブログの更新頻度について質問です。
    ブログは毎日更新しなければいけないのでしょうか?

     

    SEO(検索エンジン上位表示対策)や、
    アクセスアップの観点で「更新頻度」について気にされる方は多いですね。

    ということで、
    今回はブログの更新頻度をテーマに情報をお届けします。

    毎日更新はしなくてもよい

    結論からお伝えすると、
    毎日更新にこだわる必要は全くありません!

    なぜなら・・・

    「毎日更新する」とルールを決めてしまうと、
    更新すること自体が目的となり「記事の質」が低くなる可能性が高いため。

    ブログは記事の質が1番大切です!

    更新頻度よりも、
    読者さんを満足させるコンテンツ提供を意識して下さい。

    たとえば、
    適当な記事が毎日更新されるブログよりも、
    丁寧な記事が週1回のペースで更新されるブログのほうが評価されます。

    いくら更新頻度が高くても、
    手を抜いて作った記事は誰にも読まれませんからね(^_^;)

    訪問されても「もっと分かりやすい記事はないかな?」と離脱されるだけです。

    また、SEOの観点でも
    グーグルは「質の低いページは評価しない」と明確にしてます。

    基本的には記事数が増えるほど検索からのアクセスは期待できますが、
    スグに離脱されるような記事ばかり量産すれば話は別です。

    検索エンジンに「ここは役に立たないブログだ」と判断され、
    逆にサイト全体の順位を落としかねません。

    ですので、更新頻度の高さよりも記事の質を最重視して下さい。

    もちろん、
    質の高い記事を毎日更新できれば100点ですが、
    よほど時間でもない限り非常にハードルが高いことです。

    目安としては週に2~3記事を目標に、
    ひとつの記事をじっくりと作り込まれる事をオススメいたします。

    更新頻度に関わらず、
    読者さんに評価される記事を投稿し続ければ
    検索エンジンにも評価されるのでアクセス数は伸びていきます。

    ブログを始めたばかりの方であれば、まずは「書く」ことや「管理画面の操作」に慣れることが先決です。いきなり質の高い記事を書くことは出来ないので、最初に限り「練習」という感覚で自由に書いて頂いて構いません。更新作業に慣れてきたら、1記事に時間をかけて読者さんに「丁寧に伝える」ことを意識しましょう。

     

    ひとつの記事を数日かけて作り込む

    「毎日更新はしなくてよい」とお伝えしましたが、
    毎日取り組むこと自体は素晴らしいことです。

    ライティング力の向上に繋がりますし、
    習慣化の効果で継続できる体質になります!

    ですので、毎日文章を書くことには賛成します。

    「新しい記事を毎日作る」と考えるのではなく、
    「1記事を数日かけて作り込む」という感覚で毎日作業して下さい。

    ブログは1度きりの訪問になることが多いので、
    ひとつの記事で読者さんを満足させる必要があります。

    イメージとしては、
    「知りたいことが全部分かった!」と思って頂ける記事ですね。

    例えば・・・

    何かを主張した後には理由の説明(なぜなら)を入れたり、
    具体例(例えば)を交えて解説すると文章は劇的に伝わりやすくなります。

    このあたりの詳しいライティングの解説は
    過去記事にまとめておりますのでご参考頂けますと幸いです。

    読者さんに「なんで?」「どういうこと?」と思われないように、
    徹底的に丁寧に説明することを意識しましょう。

     

    やっぱり反応がある記事は作り込んだ記事

    私の体験談ですが、
    短時間でサッと作った記事よりも
    作り込んだ記事のほうが圧倒的に反響が出やすいです。

    参考までにお教えしますと、
    今までに最も時間がかかった記事がこちら。

     

    1週間ほどかけてコツコツと作りましたが、
    公開後は反響が大きく、

    「お気に入りに登録しました」
    「見ながらやったら簡単にワードプレスが作れました」

    と、喜びのメールを何通も頂きました。

    もし、私が手を抜いて
    「手順に従って登録して下さい」と説明を簡略化すれば、
    感謝のメールは絶対に頂けなかったはずです。

    テキトーに説明すれば短時間で作れて楽ですが、
    読者さんに響く記事にはなりません。

    めんどくさいと感じても、
    少しでも「より分かりやすくできないか」と考えて、
    時間をかけて作って頂きたいと思います

     

    今回のまとめ

    それでは最後に、
    この記事でお伝えした重要ポイントのまとめです。

    更新すること自体が目的になってはいけない。更新頻度よりも1記事を丁寧に作り込むほうが何倍も重要である。

    たとえ毎日更新したとしても記事の質が低ければ読者さんにも検索エンジンにも評価されない。

    記事内に疑問を残さないように詳しく解説すること。読者さんに「なんで?」「どうして?」と思われてはいけない。

    記事は1日で作ろうとしなくてもよい。じっくりと時間をかけて作り込む意識でやってみよう。