こんにちは、秋山です!

    読者さんより「どんな記事を書けばいいのか分からない」というご質問を頂きましたので、今回はこちらをテーマに情報をお届けいたします。

    一言でお伝えすると「需要のあるテーマ」+「あなたの見込み客(ターゲット)が喜ぶテーマ」で記事を書くこと。これが答えですが、この説明だけだと分かりにくいので詳しく解説していきますね。

    需要(じゅよう)のあるテーマで記事を書く

    原則として需要の多いテーマで記事を書く必要があります。需要とは「求めている人が多い」という意味です。

    知りたがっている人が誰もいないようなテーマで記事を書いても喜ばれませんし、検索エンジンからのアクセスも見込めません。

    ですので、まずは需要のあるテーマを調査しましょう。

    需要のあるテーマは「検索エンジンでよく検索されるキーワード」を調査すれば分かります。その方法をお伝えいたします。

     

    登場人物Aアフィカス君

    ブログを更新したよ。アリを確実に踏み潰す方法について書いた。ボクのお勧めのストレス解消法なんだ。

    登場人物B秋山さん

    需要のないテーマってそういうのだよ。「アリを確実に踏み潰したい」って検索する人なんていないよ。

     

    需要のあるテーマを簡単に調べる方法

    いくつか調べ方はありますが、この記事では「goodkeyword」という無料のウェブサービスを使った最も簡単な方法をご紹介します。(登録不要で使える便利なサービスになるのでお気に入りに入れておきましょう)

    使い方は簡単!
    調べたいキーワードを入力するだけ。

    ここではサンプルとして「ダイエット」と入力します。

     

    ダイエットと検索すると以下のように「ダイエット」が含まれたキーワードが表示されました。

    なんとなくですが、検索ユーザーが求めている情報が見えてきました。ですが、こちらに表示されてるキーワードは「1語~2語」になるので、まだまだ検索ユーザーの意図がぼんやりとしています。

    表示されたキーワードをクリックすると「複合キーワード(メインキーワードと組み合わせて入力されるキーワード)」が表示される場合があるのでやってみましょう。

    今回は上から7行目の「ダイエットレシピ」をクリックします。

     

    ダイエットレシピの複合キーワードが表示されました。
    さらにクリックしてみます。

     

    複合キーワードが増えて「3語」になりました。

    ここまで表示されると検索ユーザーの意図(求めている情報)が分かりやすいですね。この複合キーワードを記事タイトルに含めて記事を書いてみてはいかがでしょうか?

     

    登場人物Aアフィカス君

    アフィカス君って入れたら「天才」「イケメン」「抱かれたい」って複合キーワードが出てきた!

    登場人物B秋山さん

    嘘ばっかり。
    何のデータも表示されないよ?

     

    複合キーワードは3語以上を狙う

    キーワードを選定するときは「ダイエットレシピ 簡単」などの2語のキーワードよりも、「ダイエットレシピ 簡単 キャベツ」といった3語以上あるキーワードを選ぶようにして下さい。

    なぜなら「2語のキーワードはライバルが多く激戦区になるため」です。2語のキーワードだけで記事を書いても、検索結果の下のほうに表示されるので誰にも気づいてもらえません。

    3語、4語、5語と広げることでライバルは減ります。ライバルが減れば、あなたの書いた記事は特定のキーワードで上位表示されやすくなります。

     

    4語以上になるとキーワードツールでは取得できないことが多いので「表示された複合キーワードを組み合わせる」などの工夫が必要です。

    例えば上記のgoodkeywordの画面では「ダイエットレシピ 簡単 人気」「ダイエットレシピ 簡単 美味しい」が表示されてます。「人気」と「美味しい」を取り入れれば4語になります。

    他にも・・・

    上記の画面では「ダイエットレシピ 簡単 キャベツ」が表示されています。表示されてる食材は「キャベツ」だけなので、「キャベツ以外の食材でもいけるのではないか?」と予想します。

    goodkeywordに「ダイエットレシピ キャベツ」と検索してみます。

    「豚肉」や「玉ねぎ」といった他の食材が表示されました。

    これを取り入れれば「ダイエットレシピ 簡単 豚肉」といった、先ほどは表示されなかった3語ができました。

    記事にするときは「豚肉を使った簡単なダイエットレシピのまとめ」みたいなタイトルをつけて、自然な形でキーワードを含めると良いですね。

     

    メインキーワードを変えて調べてみよう

    ライバルが気になる方には、こんな方法もあります。

    ダイエットのような「誰もが思いつくキーワード」を使うのではなく、「痩せたい」「お腹痩せ」などの同じ意味を持つキーワードを使うのです。

    キーワードが思いつかない場合は「YAHOO知恵袋」で調べてみましょう。

    やり方は簡単です。
    まずは「ダイエット」で検索します。

     

    以下のようにダイエット関連の質問が表示されるので、順番に質問をクリックして内容をチェックしていきます。ちなみに、検索結果に表示される上位5件は広告なのでご注意ください。

     

    こんな質問を見つけました。
    「内臓脂肪を落とす」はメインキーワードとして使えそうです。

     

    こちらは「体重を減らす」が使えそうです。

     

    さきほどの「内臓脂肪を落とす」を「goodkeywood」で調べてみます。

    データが表示されるので「需要のあるテーマ」だと判断できます。「ダイエット」で調べたときには出てこなかった複合キーワードもあるので、記事のネタが増えそうです。

     

    「体重が減らない」でもデータが表示されました。

    このような方法を使えば「ダイエット」というビッグキーワードで戦わなくても済みます。いろいろな「複合キーワード」も見つかるので、時間があるときにでも是非やってみて下さい。

     

    見込み客(ターゲット)が喜ぶテーマを選ぶ

    上記の「goodkeyword」を使えば「需要のあるテーマ(キーワード)」がたくさん分かります。きっと「どのキーワードで記事を書こうかな」と迷われるはずです。

    そこで注意して頂きたいことがひとつ!
    それは「あなたのターゲットが喜ぶテーマ」を選ぶこと。

    どういう事か詳しく説明いたします。

     

    もしあなたが「お腹の肉を落とすための商品」をメインにアフィリエイトしているのであれば「お腹の肉を落としたい人」をブログに集客するべきです。「太ももの肉を落としたい人」や「お尻の肉を落としたい人」は集めるべきではありません。

    なぜなら、ブログに集まる読者さんの「属性」がバラバラになるほど専門性は薄くなりますし、商品をアフィリエイトしても成約率は下がります。お腹やせに興味のない人にとって「お腹やせのアフィリエイト広告」は邪魔な広告でしかありません。

    専門性が高いほど検索エンジン(グーグル)も評価してくれるので、需要のあるキーワードを見つけても「あなたのターゲットが喜ばないキーワード」は除外して下さい。

    どのキーワードでもOKというわけではないので、
    そこだけご注意ください。

    もし「ターゲットとか決めてないよ」って方はこちらの記事「ブログの専門性が上がる!押さえておきたいターゲット設定」をご参考下さい。

     

    登場人物Aアフィカス君

    ふーん。
    秋山さんのターゲットはどんな人なの?

    登場人物B秋山さん

    私のターゲットは過去の自分だよ。独学でアフィリエイトに取り組んでるけど稼げずに困ってる人。

    登場人物Aアフィカス君

    ボクみたいな弱小をカモにしてるの?

    登場人物B秋山さん

    カモじゃなくて大切なお客さんだよ。アフィリエイトで成功してもらいたいって本気で思ってるよ。

    登場人物Aアフィカス君

    それならよし!

     

    キーワード選定はいろいろと難しいのだ

    この記事でお伝えした方法は最もシンプルなやり方なので、同じことをされてるライバルは多いです。

    ですので、ここでご紹介した手法を実践してもアクセスがガンガン集まるわけではありません。(上記でお伝えしたような「キャベツ」を他の食材に変えてみたりと「工夫」することで、多少有利にはなりますが…)

    ただ、この方法を使えば「需要のあるテーマ」で記事が書けるようになるので、ファン獲得に繋がる有効な手法には違いありません。

    関心度の高い記事が多いほうが「こっちの記事も読みたい」とブログに長く滞在してもらえるようになるので。

     

    キーワード選定には「ライバルチェック」など調査に時間がかかるものが多いです。色々な考え方があると思いますが、ブログが育っていないうちは「キーワード選定よりも記事作成に時間を書けて頂きたい」と思います。

    それこそが良質なコンテンツ作成までの近道になるので。

    ではでは、ご参考になれば幸いです。