画像には「サイズ」と呼ばれる数値があります。

    基本的に大きな画像ほど、サイズの数値も大きくなります。

    サイズの大きな画像を使用すれば、
    その分ページの表示速度に時間がかかってしまいます。

    特に1枚のページに複数の画像を使う場合は、サイズに注意しなければいけません。

    今回の記事では、画像のサイズを小さくする方法を解説していきたいと思います。

    同じ画像でもサイズが違う!?

    オリジナルサイズファイルサイズを小さくした画像

    上の画像は同じものですが、実はサイズが異なります。

    左が元の画像でサイズは約15キロバイト、右がサイズを軽くした画像で約8キロバイト。

    サイズは画像にマウスカーソルを当てて、
    右クリック→プロパティで確認することができるのでチェックしてみて下さい。

    このように対策を行うことで、画像のサイズを小さくすることができます

    サイズを小さくするやり方

    画像のサイズを小さくするフリーソフトはいくつかありますが、
    今回紹介する「JPEGmini」はダウンロードしなくてもネット上で使える便利なものです。

    「JPEGmini」の特徴は、画像の品質をほとんど劣化させずに圧縮(軽く)できること!

    会員登録などの面倒な作業はなく、
    画像を選択してアップロードするだけでサイズを小さくしてくれる無料サービスです。


    まずは「JPEGmini」にアクセスして「Upload Your Phote」をクリックします。

    サイズを軽くしたい画像を選択して「開く」を押すとアップロードされます。
    すると以下のような画面が表示されます。

    jpegmini

    画像の右半分が圧縮後のプレビュー画面です。
    画質がほとんど劣化していないことが分かります。

    ねずみ色とオレンジ色のバーはサイズを表示しています。
    圧縮すると15キロのサイズが8キロになりますよという意味です。

    画像の品質や圧縮後のサイズに問題がなければ、
    緑色の「Download Phote」をクリックして保存しましょう。

    使い方はこれだけなので、簡単です。

    サイズは小さいに こしたことがないので、
    画像を扱う場合は常にサイズを小さくする作業を行っておきましょう。