商品が売れない?アフィリエイトの販売戦略について語る

こんにちは、秋山です!

読者さんより「検索エンジンからポツポツとアクセスはあるけど、商品が売れない」というご相談を頂きましたので、今回はそちらをテーマにお届けします。

アクセスがあるのに商品が売れないときの原因は「価値を提供できていない」「ブログのコンセプトがぼけてる」「商品紹介の仕方に問題がある」などが考えられます。

それでは順番に解説いたします。

読者さんを満足させるブログを運営する

基本的に読者さんを満足させる記事を投稿し続ければ、あなたが紹介する商品は自然と売れていきます。なぜなら「この記事を読んでよかった」「他の記事も読みたい」と好感度が上がり、最終的には「この人は信用できる」「この人が勧めるなら間違いない」と信用の力で商品が売れるようになるからです。

ですので、あなたが考えるべきことは「いかに商品を売るか」ではなく「いかに読者さんを満足させるか」になります。

「ちょうだい」ではなく「与える」の精神ですね。

 

満足してもらうためのシンプルな方法は「読者さんが知りたがっている情報」を、あなたがブログで提供してあげること。

読者さんは調べものがあるから「何かしらのキーワード」を検索エンジンに入力して、あなたのブログに辿り着きます。つまり、読者さんが知りたがっている情報を提供することができれば喜ばれるのです。

アフィリエイトで稼げない方の多くは、この「価値の提供」ができていません。以下はよろしくない例です。あなたは該当していませんか?

  • 需要のないテーマで記事を書いている
  • コンテンツのボリュームが少ない(説明不足)
  • 記事タイトルと本文の内容が一致してない

 

需要のないテーマで記事を書いてはいけない

初心者は自分の頭の中で「今日は〇〇について書こう」と考えますが、設定したテーマに需要がなければ反応は悪くなります。商品の成約にも繋がりにくいでしょう。

あなたの直感で「書きたい」と思ったものをテーマにするのではなく、よく検索されるキーワードを調べて「需要のあるテーマ」を選定するようにして下さい。

例えば「赤にきび 治す 早く」で検索する人が多いとします。このキーワードから「赤にきびを早く治す方法を知りたがってる人は多い」と分析できます。ここまで分かれば、それをテーマにした記事をアップするだけです。需要のあるテーマを選定したので反応が得やすい記事になります。

まとめると、記事を書くときは「よく検索されるキーワードを調べる」「キーワードから読者さんが知りたい情報を読み取る」「知りたい情報だけを記事に入れて丁寧に説明する」こと。

 

需要のあるキーワード選定のやり方や、コンテンツの質を上げる方法は以下をご参考下さい。

 

記事タイトルと本文の内容を一致させよう

需要のあるテーマを選んでも、コンテンツ(本文)に問題があれば読者さんに満足してもらうことはできません。

意外と「記事タイトル」と「コンテンツ」が一致していない記事は多いので、ご注意ください。

最近 私が見つけたものをお話すると、タイトルが「〇〇の入手場所とは?」なのに、本文には「〇〇とは?」「〇〇の使い方」といった関連性のない情報が盛り込まれてる記事。私が知りたい「入手場所」については、ページの最後にチョロっと書かれているだけでした(笑)

これは、読者さんが知りたがっている情報を提供できていない例になります。関連のない情報を削除したり、「入手場所」についての項目を最上部に持ってくるなどの対策が必要になります。誰もが最後までスクロールして読んでくれるわけではありませんので。

この例を参考にして、記事タイトルとコンテンツにズレがないかどうかを意識して下さい。

 

ブログ自体のコンセプトを見直す

ブログのコンセプト(どのようなブログか)が定まっていないと商品の成約率は下がります。特に多いのは「誰に向けて情報を届けるのか」というターゲット設定ができていないブログ。

例えば「ニキビの情報を何でも扱う総合ブログ」と「背中ニキビだけの情報を扱う専門ブログ」とでは、後者のほうが商品の成約率は格段に上がります。

全員に向けた総合ブログだと「おでこニキビを治したい人」「おしりニキビを治したい人」「背中ニキビを治したい人」と様々な属性の読者さんが集まることになります。属性がバラバラでは、商品を紹介しても深くは刺さりません(心に響かない)。

ですが、背中ニキビをテーマにした専門ブログには「背中ニキビを治したい」という属性の読者さんだけが集まります。もし、背中にきび専用の商品をアフィリエイトすれば「それ欲しい!まさに自分のための商品だ!」と深く刺さりやすくなります。

お分かりいただけますか?

簡単な例えを出すと、みんなにチョコを売るよりも「チョコが好きな人だけにチョコを売る」ほうが反応は良くなるということです。

 

ブログのコンセプトが定まっていないと今回頂いたご相談のように「アクセスはあるけど商品が売れない」ということが起きやすくなります。幅広い属性の読者さんを集めてしまってるわけです。

ブログのコンセプトを定めるためには以下のポイントをご確認下さい。

  1. どの商品を紹介したいのか?
  2. その商品を求めている人はどのような人か?
  3. その人(ターゲット)をどこに導きたいのか?

 

にきびをテーマにしたブログを作るならこんな感じです。

  1. プロアクティブを紹介したい
  2. 赤にきびに悩む大学生(男子)
  3. にきびのない綺麗な肌に導きたい

 

たったコレだけでもコンセプトは定まります。専門性が上がり、反応の取れるブログになるでしょう。特に「2」のターゲット設定が重要!ここを「にきびに悩む人(全員)」にしてしまうと、反応の取れないブログになります。

ターゲットを絞って「特定の層」だけに向けたブログを目指して下さい。そのほうが遥かに反応率は上がるので、商品の成約率も上がります。ターゲット設定について詳しく学びたい場合は以下の記事をご参考下さい。

 

商品紹介の仕方を改善する

上記でお伝えした「価値を提供する」「ブログのコンセプトを固める」ができていれば、サイドメニューに商品を配置して「オススメです」と添えるだけでも売れることはあります。

しかし、このような紹介方法や、記事の合間にちょこっと紹介する程度では「商品の魅力」を十分に伝えることはできません。それほどは売れないでしょう。

しっかりと商品の魅力を伝えることも「価値の提供」にあたる部分になるので、ランディングページ(※)のような「商品紹介専用のページ」を作られることをオススメします。

ランディングページ(LP)とは、ひとつの目的を達成するためだけに作成されたページのことです。例えば、縦長の楽天市場の商品ページがそれに該当します。商品を販売するためだけに作られたページになるので。

 

本格的なLPは、サイドメニューをなくした「1カラム」のスッキリとしたデザインで作りますが、通常記事のような2カラムで作って頂いても問題ありません。しっかりと商品の魅力を伝えることができれば、サイドメニューに配置するよりも遥かに高い反応を取ることができます。

ちなみに、LPを1カラムで作る理由は成約率を上げるためです。1カラムで作ればコンテンツだけを見てもらえますし、余計な出口(リンク)を減らすことができます。出口がなくなれば、読者さんの選択肢は「商品を購入する」か「ページを閉じる」かの二択になりますよね。

 

商品レビューで心がけたいこと

販売戦略には様々なテクニックが存在しますが、私が最も重要だと感じることをお伝えします。それは、商品を実際に使った「あなたの素直な感想を伝える」ことです。なぜなら、そこが最も読者さんの知りたい情報だからです。

商品の概要を丁寧に書かれる方がいますが、それは重要ではありません。販売ページを見れば分かることですし、それよりも「使ったらどうなるのか」とか「実際に使用した人の正直な感想」のほうが読者さんは気になるわけです。

 

例えば、掃除機の紹介をするときに「排気量」や「モーターの回転数」といった情報を販売ページから持ってきて記載しても意味はありません。なぜなら、詳しくない人にとっては排気量の数値がいくらであっても分からないためです。(掃除機に詳しい人をターゲットにしているのであればOKです)

スペックがどうのよりも「あなたが実際に使った感想」を入れたほうが、読者さんの感情は揺さぶられます。以下を見比べてみて下さい。

【商品概要のレビュー】

こちらの商品「激しく吸うゾウ」は最高にオススメできます。この掃除機の特徴はゴミの捕集率です。0.3マイクロメートル以上のゴミを99.999パーセント捕集することができます。この数値は一般的な掃除機よりも上です。しかも、非常に軽くて自走式&4方向吸引ヘッドと高性能です。激しく吸うゾウを買う価値は十分にあります。

【感想重視のレビュー】

掃除機が古くなってきたので、買い換えました。使用感がとても良かったので紹介します。激しく吸うゾウを使ってみて1番驚いたのが軽さです。ほとんど重量を感じずに部屋中が掃除できたのでビックリしました。以前まで使っていた掃除機は少し腕が疲れる感じがしたので、かなり快適になりました。他の掃除機に比べると価格は高めですが、軽さ重視で選んだので大満足です。

 

どのように感じられましたか?

商品概要レビューのほうが「なんだか凄い掃除機」という感じはしますが、実際に読者さんの心が動くのは感想重視のレビューになります。

理由は簡単です。感想重視レビューのほうが「この掃除機を使えばどうなるか」がイメージできるためです。また、第三者が実際に使った感想になるので「親近感」や「信用性」が増す効果もあります。

商品概要だけのレビューをされてる方は多いので、ご注意下さい。あなたが実際に使った正直な感想を伝えなければ、読者さんの感情を大きく動かすことはできません。以下のイメージを参考にして下さい。

読者さんの感情が動くイメージ
商品概要だけのレビューだとこんな感じ ⇒

読者さんの感情が動くイメージ
正直な感想を伝えたレビューだとこうなる ⇒

 

商品のデメリットを伝えたほうが売れる

「この商品の欠点は〇〇です」「△△を求めてる人には向かない商品です」と、商品の欠点となるポイントを伝えることは重用です。そのほうが「素直な感想」を伝えやすくなりますし、商品の欠点は読者さんが知りたいポイントでもあるからです。デメリットは販売ページに書かれていない情報ですし。

「デメリットなんか伝えれば売れなくなるんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、それは違います。なぜなら、しっかりとデメリットを伝えることで「この人は本当のことを話してくれる」と信用性が増すため。

戦略的にそうするのではありません。読者さんからの信用を獲得して裏切らないためにも、私たちは読者さんの味方になって本当のことを伝えるべきです。このスタンスを貫けば、ファンができるので長期的に稼ぎ続けることも可能です。

ここは、かなり重要なポイントです。

 

あと、アフィリエイトは「とりあえず商品が売れればオッケー」と考えてはいけません。大事なことは「その商品を必要としている人に商品を届ける」こと。

例えば、重たいけど高性能な掃除機「A」があるとします。どれだけ評判がよくても「軽い掃除機を求めてる人」には必要のない商品になります。もし誤まって「A」を購入したらガッカリしてしまいます。

売れればアフィリエイト報酬は入りますが、読者さんがガッカリして得た報酬はよろしくありません。価値の提供を意識するのであれば「本当に買ってよかった」と思って頂く必要があります。だからこそ、商品のデメリットも伝えて「その商品を求めている人だけ」に届けなくてはいけません。

 

いろいろと深い部分までお伝えしましたが、商品紹介をするときは以下のポイントを押さえてレビューしてみて下さい。きっと、今よりも商品の成約率は上がるはずです。

  • 商品紹介専用のページを作る
  • 紹介する商品はあなたが実際に使って本当に良いと感じた商品にする。
  • 商品の概要は販売ページを見れば分かるのでサラッとでOK。概要よりも「使ってみてどうだったか」という感想を正直に書くこと。
  • どの商品にも欠点はある。良いところだけでなく「欠点」についても書く。

 

商品紹介専用のページができたら、サイドメニューや関連性のある記事で宣伝しましょう。いろいろな記事から誘導して、商品を必要としている人だけに購入して頂いて収益アップに繋げていくとよいですね。

ご参考になれば幸いです。

なぜ、あなたは稼げないのか?

なぜ、あなたのブログは稼げないのか?

「ブログをやってるけど稼げない」という方のために、2週間で学べる秘密のメール講座を作成しました。ビジネスの本質に沿ったアフィリエイト講座になるので、この講座でお伝えするノウハウを実践して頂けると「稼ぐ力」が身に付きます。

このメール講座は「登録者数2000名以上、読者満足度95.1%(2016年度のアンケート調査より)」と大変ご好評いただいております。

完全無料でお読み頂けますので、以下のフォームよりお気軽にご登録下さい。もちろん配信解除は何時でも可能です!

メールアドレス
お名前(ハンドルネーム可)

↑↑↑ こっそりと…無料とは思えない豪華特典もご用意してます…

2 件のコメント

    • お世話になります、秋山です。
      コメントどうもありがとうございます!

      そうですね、相手都合というのは大切なポイントですね。
      そこの意識が弱いと自分都合になって売れないレビューになるので。

      応援どうもありがとうございます。
      今後ともよろしくお願いいたします!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA