メルマガに雑談って必要なの?

    こんにちは、秋山です。

    今回の記事ではメルマガに書く「雑談」についてお話します。

    雑談は必要なのかどうかと
    感じられる方もいらっしゃるかと思いますが、
    結論から言うと「必要」です。

    雑談があると「親近感」が湧くため、
    読者は、配信者のファンになりやすくなります。

    お便りが届きやすくなったり、
    リラックスして読んでもらえる効果まであります。

    (ビジネスの話ばかりだと疲れますよね)

    雑談ばかりのメルマガになるのは良くありませんが、
    適度に雑談があると好感を持ってもらいやすくなります。

    読者の多くは雑談を読みたいと思っている

    私が実施している、
    メルマガに関するアンケートがありますが・・・

    なんと回答者の約9割が
    「雑談を読みたい」を選択されていらっしゃいます。

    この結果は、読者を集めた方法や媒体によって変わりますが、
    それほど大きな変化はないでしょう。

    ほとんどの読者は、
    ビジネスの話だけでなく
    少しは雑談も読みたいと思っていると判断できます。

    もし、雑談がないと どうなるのか?

    「雑談がなくても、役に立つことを書いてればいいじゃん」

    もしかすると、
    このように思われるかもしれません。

    ぶっちゃけますと、私は最初の頃 そう思っていました(笑)

    しかし・・・

    たとえ役立つ情報を配信したとしても、
    配信者の個性が垣間見えなければ
    読者からは「このメルマガは役立つ」だけで終わる可能性があります。

    それではいけません!
    「役立つ」だけでは弱いです。

    メルマガを始められたのは、
    アフィリエイト収入を得たいからだと思いますが、

    たとえメルマガで商品を紹介したとしても、
    役立つという理由だけでは、なかなか商品は購入されません。

    1.このメルマガは役立つ。だから購入する
    2.この人が紹介するなら間違いない。だから購入する

    商品を購入するとき、
    多くの方は「2」のほうになります。

    「役立つメルマガを書く」

    という意識はもちろんですが、
    自分のファンになってもらうためにも、
    適度に雑談を入れて「個性」を出す必要があります。


    「このメルマガは役立つ」ではなく、
    「○○さんのメルマガは役立つ」を目指しましょう。

    雑談ってどんなことを書けば良いの?

    雑談と言っても、
    何を書いても良いというわけではありません。

    例えば・・・

    「今日は久々におにぎりを食べました。
     とても美味しかったです!」

    と、このような雑談をしてもダメです!
    読者は「あっそ」としか思わず、何の関心も示しません。

    では、どうすれば良いのか?

    それは「面白い」「役立つ」「共感できる」などの要素を入れること。

    例えば・・・

    面白い:犬が目を開けたまま寝ていて、貞子みたいになってた
    役立つ:楽天市場では、最近こんなスイーツが流行っているみたい
    共感できる:パソコンの前でお菓子を食べたら、キーボードが汚くなる

    ザッと思いついた例えなので、
    上手かどうかは微妙ですが「イメージ」をつかんで頂ければなと思います。

    基本的に本文と同じで、
    読者に「何かしらの価値」を提供することを意識して下さい。

    雑談ネタが思いつかないときは・・・

    雑談ネタに困ったら、
    普段、自分がしないことをしてみましょう!

    いつもと違う行動をすることで、
    新しい気付きや発見が得られます!

    そして、それが雑談のネタになります。

    私ですと、
    わざと高い栄養ドリンクを買って飲んでみたり、
    手品の練習をしたりしました。

    普段しないこと。
    どんなに小さなことでも構いません。

    例えば・・・

    あまり出掛けないのであれば、
    外に出てウォーキングをしてみたり。

    外食しかしていなければ、
    なにか自分で料理をしてみたり。

    初めて「ひとりカラオケ」をしてみたり。

    新しい体験をすることで、
    体験したエピソードを語ることができるようになります。

    雑談ネタが思いつかない場合は、
    あなたが普段絶対にしないであろうコトを
    あえてするように意識してみて下さいね。

    それでは、今回はここまで!