こんにちは、秋山です。

    読者さんからのお便りを拝見していると「日記ブログ」で稼ごうと奮闘されてる方がちらほらと見受けられます。しかも無料ブログで。

    結論からお伝えすると、日記ブログで稼ぐことは相当難しいです。

    特に「今日は〇〇食べました」「今日は〇〇の映画見ました」などの自己満足タイプの日記ブログでは、よっぽど読み手に面白く伝えるライティングスキルでもなければ厳しいです。

    アフィリエイトに向かない理由は下記の3つです。

    • 読者さんへの価値提供ができない
    • 読まれにくく興味も持たれにくい
    • 検索エンジンからの集客が難しい

     

    それでは順番に解説させて頂きます。

    自己満足日記では「価値の提供」ができない

    アフィリエイトの本質は「価値の提供」です。

    ブログ運営者は、読者さんに「役に立った」「読んでよかった」「疑問が解決した」と思って頂けるコンテンツ(価値)を提供しなければなりません。それができなければ、ブラウザの「戻る」を押されて離脱されます。

    コンテンツに何らかの価値を感じて頂けなければ。
    商品が売れることはありません。

    日記ブログが稼げない理由は「読者さん」ではなく「自分本位」になっていること。収益を目的としない「趣味」で運営するならOKですが、稼ぐためには「価値の提供」を意識する必要があります。

     

    登場人物Aアフィカス君

    でもさ「ここのラーメン美味しかったよ」って教えてあげたら価値の提供になるんじゃないの?

    登場人物B秋山さん

    詳しいレビューなら役に立つね。でも、そもそも全然知らない人の日記って読まなくない?

    登場人物Aアフィカス君

    うん、全く興味ない。

    登場人物B秋山さん

    そう、読まれにくいんだ。アフィカス君の日記も、読み手からすれば「全然知らない人の日記」なんだよ。

    登場人物Aアフィカス君

    ふん。ボクだけは特別だし。

     

    日記だとグーグルからのアクセスが活かせない

    ブログを運営する上で「検索エンジン(グーグル)」からの集客は欠かせませんが、日記ブログは検索エンジンとの相性がよろしくありません。

    なぜなら、検索エンジンを使うユーザーの多くは「情報」を求めているため。「日記を読みたい」ってユーザーはほとんどいません。

     

    もしも検索ユーザーが日記ブログに辿り着いたら「ここには求めてる情報がなさそう」と判断します。あなたも調べものをしているときに、日記ブログに辿り着いたら数秒で離脱するはずです。

    ですので日記ブログは集客が大変。

    検索エンジンからのアクセスを活かすには「読者さんの求めている情報を提供するブログ」を運営する必要があります。

     

    登場人物Aアフィカス君

    ブラウザの戻るを押されても「このブログを閉じることはできません」ってやりたいな。

    登場人物B秋山さん

    そんなの嫌がらせだよ。
    価値の提供を1番に考えて。

    登場人物Aアフィカス君

    嫌がらせじゃないよ。価値の提供だよ。

     

    専門性が低いとグーグルに評価してもらえない

    日記ブログの集客が難しい理由をもうひとつ。

    グーグルは「専門性の高いサイトを評価する」と明確にしているので、いろんなことが書かれている日記ブログを高く評価することはありません。(よほどファンが付いて人気があれば別ですが)

     

    例えば・・・

    日記ブログで「今日はラーメンを食べました。ここのラーメンは美味しかったです」と、ラーメンのレビューをしたとしましょう。

    どんなに丁寧にレビューしても「ラーメンのレビュー専門ブログ」が同じような記事を書いていれば、検索結果で上位表示されやすいのは「専門ブログ」のほうです。

    グーグルは専門ブログのほうを「ラーメンに詳しいブログはこっちだ」と判断して上位に表示させるのです。

     

    バラバラなテーマで記事を書く日記ブログは専門性が高いとは言えません。

    つまり、日記ブログで記事を書いても「検索結果の下」のほうに表示されやすいということです。検索結果を何ページにも渡ってチェックする人は少ないので、検索エンジンからの集客は期待できません。

     

    登場人物Aアフィカス君

    ふーん。テーマは絞ったほうが良いってことか。

    登場人物B秋山さん

    うん。たまにラーメンの記事を書いても、毎回ラーメンの記事を書いてるブログには勝てないよ。

    登場人物Aアフィカス君

    なるほど。じゃあボクは日記を専門にするぞー!

    登場人物B秋山さん

    あらら、理解できていないみたいだね。

     

    ファンが出来れば日記をやってもいい!

    最後にこれもお伝えします。

    もしあなたにファンが出来れば「今日は〇〇を食べました」「今日は〇〇に行きました」という内容でも受け入れられるようになります。熱烈なファンには、日記はとても価値のあるコンテンツだからです。

     

    これは芸能人が分かりやすいですね。

    芸能人にはファンが多いので「日記ブログ」でも成立します。なぜなら、ファンは「この人の日常が知りたい」と考えるため。需要があるのです。

    有名でもない人の日記には需要がないので、芸能人と同じ感覚でいきなり日記を書いても上手くいきません。

    ファンがいなければ「今日のご飯はカレーでした」と書いても「あっそ」としか思われません。

     

    ですので、収益化を目指すのであれば「検索ユーザーが求めている情報」を提供できるような専門性の高いブログ運営をオススメします。

    あと、無料ブログではなくワードプレスで!