こんにちは、秋山です。
こちらの記事では「文章を読みやすくする方法」についてお伝えいたします。

ブログでもメルマガでも、
文章を書くときに意識しなければならないポイントがあります。

それは「文章の見た目」です!

見た目というのは非常に大切です!

綺麗、汚い。 オシャレ、ダサい。 美味しそう、不味そう・・・。
人は見た目でいろいろなことを瞬時に判断します。

これはブログやメルマガでも同じで、
タイトルをクリックして開いたときの本文(文章の書き方)を見ただけで、
読者さんは「読みやすい」か「読みにくい」かの判断をします。

読みやすいと思って頂ければ、
スッと文章を読み進めてもらえますし、
読み疲れさせないので最後まで読んでもらえる可能性が上がります!

今日はこの記事で、
読みやすい文章の書き方を覚えて、実践して頂ければなと思います。

1.適度に改行を入れる

小説と違い、
適度に改行が入った文章のほう読みやすくなります。

かと言って逆に改行の入れ過ぎも良くありません。
スクロールが面倒になりストレスを感じさせてしまいます。

下記の「悪い例」と「良い例」を見比べてみましょう。

 

× 良くない例-改行が入っていない文章

メルマガアフィリエイトとはメルマガに広告を掲載して、商品が売れたときの売上の何割かを報酬として受け取れる仕組みのことである。ブログだと基本的に検索エンジンから来た読者は、いちどきりの訪問になることが多い。しかしメルマガであれば、配信解除されるまでは何度でも情報を受け取ってもらうことができる。メルマガは読者と長くお付き合いができ、ファンになってもらいやすい媒体である。

管理人ひとことアドバイス

こんな感じの文章が長く続くと、
見た瞬間に「疲れる」と判断されることでしょう。

 

 

× 良くない例-改行が多い文章

メルマガアフィリエイトとはメルマガに広告を掲載して、商品が売れたときの売上の何割かを報酬として受け取れる仕組みのことである。

ブログだと基本的に検索エンジンから来た読者は、いちどきりの訪問になることが多い。

しかしメルマガであれば、配信解除されるまでは何度でも情報を受け取ってもらうことができる。

メルマガは読者と長くお付き合いができ、ファンになってもらいやすい媒体である。

 

○ 良い例-適度に改行が入った文章

メルマガアフィリエイトとはメルマガに広告を掲載して、
商品が売れたときの売上の何割かを報酬として受け取れる仕組みのことである。

ブログだと基本的に検索エンジンから来た読者は、
いちどきりの訪問になることが多い。

しかしメルマガであれば、
配信解除されるまでは何度でも情報を受け取ってもらうことができる。

メルマガは読者と長くお付き合いができ、
ファンになってもらいやすい媒体である。

 

 

2.改行の間隔にメリハリをつける

毎回同じ間隔で改行を行うよりも、
1行のときもあれば3行のときもあると言うように変化をつけましょう。

改行の間隔が同じだと「単調」になりますが、
変化があればメリハリがついて「リズム感」が出ます。

どちらが読みやすいか以下を見比べてみて下さい。

 

× 良くない文章例-改行の間隔が毎回同じ

アフィリエイトで最初の収入を得るには少し時間がかかる。

簡単ではあるが、すぐにお金が稼げるような楽な仕事ではない。

しかし、他の職業にはない絶大なメリットがある。

例えば家が職場になるため交通費や時間をかけて職場までいく必要がない。

自分のペースでやりたいときにだけ仕事ができるのも大きな特徴だ。

次はアフィリエイトで成功する秘訣について説明する。

 

○ 良い文章例-改行の間隔が異なる

アフィリエイトで最初の収入を得るには少し時間がかかる。

簡単ではあるが、
すぐにお金が稼げるような楽な仕事ではない。

しかし、他の職業にはない絶大なメリットがある。

例えば家が職場になるため交通費や時間をかけて職場までいく必要がない。
自分のペースでやりたいときにだけ仕事ができるのも大きな特徴だ。

次はアフィリエイトで成功する秘訣について説明する。

管理人ひとことアドバイス

文章にメリハリがついたと思いませんか?
特に話が変わるときは、普段より多く改行を入れましょう!

 

 

 

3.読点の後に改行を入れる

読点とは、
文の意味の切れ目を示すもので「、」のことを指します。

文章が横に長く続くと、
その分「目」をたくさん動かさなくてはいけないので、
読み疲れの原因になってしまいます。

読点の後に改行を入れることで、
目をあまり動かさなくてよくなり文章が読みやすくなります。

 

× 良くない文章例-読点の後に改行を入れていない

アフィリエイトで成功する秘訣は、正しい手順で作業を行うことである。

独学でアフィリエイトを行う場合、断片的な情報を自分で組み立てていかねばならない。
そのため人によって作業手順がバラバラになってしまう。

同じ作業時間をかけたにも関わらず、報酬を得れるまでにかかる時間に大きな差が出る。

ほとんどの場合、独学でアフィリエイトをすれば作業手順を間違えて遠回りすることになる。

正しい手順で行うには、体系的に情報がまとめられた「情報商材」を購入して、それをやり遂げることが最も効果的である。

 

○ 良い文章例-読点の後に改行を入れている

アフィリエイトで成功する秘訣は、
正しい手順で作業を行うことである。

独学でアフィリエイトを行う場合、
断片的な情報を自分で組み立てていかねばならない。

そのため人によって作業手順がバラバラになってしまう。

同じ作業時間をかけたにも関わらず、
報酬を得れるまでにかかる時間に大きな差が出る。

ほとんどの場合、
独学でアフィリエイトをすれば
作業手順を間違えて遠回りすることになる。

正しい手順で行うには、
体系的に情報がまとめられた「情報商材」を購入して、
それをやり遂げることが最も効果的である。

 

 

4.文字装飾(もじそうしょく)

ブログで文章を書く場合は、
重要な箇所には「太字」「赤字」「蛍光」などを使って装飾させましょう。

読者さんに「ここが重要だよ」と伝える効果がありますが、
メリハリがつき文章自体も読みやすくなります。

しかし、装飾のやりすぎは禁物です。
乱用しすぎると逆に文章が読みにくくなってしまいます。

 

× 良くない文章例-文字の装飾を乱用している

情報教材を購入するときは注意が必要である。

なぜなら情報教材には「詐欺教材」と呼ばれる役に立たない教材もあるからだ。

決して適当に見つけたサイトで購入してはいけない。
信頼できるサイト管理者から購入することが重要である。

教材の中身は購入するまで見ることができないが、
詐欺教材であればネットで噂が広まっている。

グーグルで「教材名+詐欺」「教材名+レビュー」などで検索して、
悪い評価がないかどうかチェックをすると良い。

 

○ 良い文章例-程よく文字の装飾をしている

情報教材を購入するときは注意が必要である。

なぜなら情報教材には「詐欺教材」と呼ばれる役に立たない教材もあるからだ。

決して適当に見つけたサイトで購入してはいけない。
信頼できるサイト管理者から購入することが重要である。

教材の中身は購入するまで見ることができないが、
詐欺教材であればネットで噂が広まっている。

グーグルで「教材名+詐欺」「教材名+レビュー」などで検索して、
悪い評価がないかどうかチェックをすると良い。

 

文字装飾の仕方

ワードプレスのテキストエディタで記事を書かれている場合は、
HTMLタグを使うことで文字装飾が可能です。

下記のコードをコピー&ペーストして使って下さい。

文字を太くするタグ
<b>ここに書いた文章は太字になる</b>

赤字にするタグ
<font color="#ff0000">ここに書いた文章は赤字になる</font>

蛍光にするタグ
<span style="background-color:#ffff66;">ここに書いた文章は蛍光される</span>

 

HTMLタグは無理に覚える必要はございません。
必要なときにコードをコピーして使う感じで大丈夫です。

管理人ひとことアドバイス

メルマガはHTMLタグを使わない「テキスト形式」での配信が基本です。
メルマガでは文字装飾を行う必要がありません。

 

 

 

5.「見出し」をつけよう

ブログでもメルマガでも「見出し」は必ずつけましょう。

だらだらと文章が続くよりも、
見出しをつけてまとめたほうがスッキリして読みやすくなります。

この記事でも項目ごとに見出しをつけておりますのでご参考下さい。

メルマガだと「■」「▼」などの特殊記号が見出しを付けるときに使えます。

■ こんな感じで見出しを付けちゃって下さい

 

▼ 今日のテーマはこちら

 

▼ 私のメルマガだと見出しはコレですね
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

見出しを付けるところは「話が変わる部分」になります。
上記でもお伝えしましたが、上部には多めに改行を入れましょう。

 

 

この記事のまとめ

読みやすいメルマガの書き方はいかがでしたか?

今日お伝えした5つのポイントを取り入れて、
さっそく実践して頂ければ幸いです。

それでは最後に、
この記事でお伝えしたポイントを箇条書きでまとめます

・適度に改行を入れる
・改行の間隔にメリハリをつける
・読点の後に改行を入れる
・文字装飾をする
・見出しを付ける

 

それでは、今回の記事はここまで(`・ω・´)キリッ

読み終えたら「なるほど」で終わらせるのではなく、
必ずアウトプットして自分のスキルとして身に付けて下さいね。