ブログのネタがない?最高のネタ探し法

こんにちは、秋山です!
読者さんから「ブログのネタ探し」に関するご質問を頂きましたので、
この記事では最高のテーマ選定方法についてお伝えいたします。

過去に自分が疑問に思ったことをテーマにしたり、
YAHOO知恵袋に投稿された質問を参考にするのもオススメですが、
中でも効果の高い方法が以下になります。

1.自分のブログに集まる読者さんの声を聞く
2.キーワードツールを利用する

自分の頭の中からテーマを決めるのではなく、
「読者さんが求めている情報」をテーマにするという感じ!

それでは順番に解説していきます。

読者さんの声

自分のブログに集まる読者さんの「悩み」を知ることは大切です。

例えば、読者さんからご質問を頂いた場合、
その疑問を解消する記事を書かれることをオススメいたします。

詳しく記事にまとめれば ご質問者の方は喜ばれますし、
今後、その方と同じような悩みや疑問を持たれる方は必ず現れます。

同じ質問が来ても一度記事を作っておけば
「このページをご参考下さい」と迅速に対応することができますよね。

もちろん、検索エンジン経由で直接読んで頂けることもありますし(*^-^)

読者さんの声を聞くためにも、
ブログには必ず「メールフォーム」を設置して下さい。

メールフォームを設置する場合は、
ただ設置するだけでなく「お気軽にご質問下さい」などの文章も記載しましょう。

行動を促す文章があるだけでも人は行動を起こしやすくなります。

読者さんの声は非常に価値のあるものです。
飲食店でも「アンケートにご協力ください」と用紙が置いてありますよね?

アンケートに答えると抽選でクーポン券がもらえたりしますが、
店側の視点で考えると「お金を払ってでもお客さんの声を聞きたい」ということ。

それほど、お客さんの声には価値があるということなんです。

読者さんの声を参考に、
人々の悩みや不満を解消する情報配信を行えば必ず人は集まります。

キーワードツール

キーワードツールとは、
指定したキーワードが何回検索されているかを調べるツールのことです。

代表的なサービスは以下になります。
無料で使うことができるので早速やってみましょう!

グーグル キーワードプランナー
  指定したキーワードの月間検索回数や、
  よく検索される関連ワードなどの情報が分かる。
  利用するにはアドワーズアカウントの登録(無料)が必要。

それでは「グーグル キーワードプランナー」の使い方を解説いたします。

アカウントの登録後、
運用ツールのタブから「キーワードプランナー」を選択します。

以下の画像を参考に「新しいキーワードを検索」を選択して下さい。

グーグルキーワードプランナーの使い方1

まず「宣伝する商品やサービス」の項目に調べたいキーワードを入力します。
今回は試しに「ブログ」と入力してみて下さい。

グーグルキーワードプランナーの使い方2

上記の画像を参考に、
ターゲット設定の項目を「日本」「すべての言語」「Google」に、
キーワードオプションの項目を「入力した語句を含む候補のみ」に設定します。

設定ができたら「候補を取得」のボタンをクリック!

グーグルキーワードプランナーの使い方3

結果が表示されたら「キーワード候補」のタブをクリックします。

グーグルキーワードプランナーの使い方4

指定したキーワード(ブログ)の検索回数と、
ブログを含んだ「関連ワード」のデータが表示されました。

赤い枠で囲んだ「月間平均検索ボリューム」をクリックすると、
検索数が多い順に表示されるので見やすくなりますよ(*´ω`*)

こちらに表示されるキーワードを参考に、
みんなが求めている情報をテーマに設定するのが基本です。

例えば・・・
検索回数1600回の「無料ブログおすすめ」で考えてみましょう。

おすすめの無料ブログを解説する記事を書いて、
タイトルに「無料ブログ」「おすすめ」とキーワードを入れれば、
需要のあるテーマ且つ検索エンジンからの集客が見込める記事になります。

検索回数が多いキーワードほど
検索結果に上位表示されたときの集客効果は大きくなりますが、
もちろんライバルも多いです。

個人的には、あまり検索回数にはこだわらず
こちらに表示されるキーワードを参考にガンガン更新されることを推奨します。

たとえ検索回数が少なくても最低限の需要はありますので、
積み重ねの効果で記事数が増えるほど人が集まるようになります。

このデータは、エクセルで見れる「CSV形式」で保存することができます。
保存する場合は「ダウンロード」をクリック。

グーグルキーワードプランナーの使い方5

グーグルキーワードプランナーの使い方6

エクセルで開くと見やすいですね。
赤い枠で囲んだ部分が「キーワード」と「月間平均検索回数」になります。

グーグルキーワードプランナーの使い方7

冒頭でもお伝えしましたが、
ネタ探しのポイントは「読者さんが求めている情報」というところ。

実は、記事を更新するとき、
多くの方は「自分の頭の中」からテーマを決めようとします。

「〇〇について書きたいから、今日は〇〇をテーマにしよう」
「〇〇について思い浮かんだから、今日は〇〇について書こう」
 と、いった感じですね。

既に収益化ができている方であれば構いませんが、
まだ基礎が身についていない段階であればよろしくありません。

自分の頭の中だけで考えるのではなく、
「読者さんが求めている情報」をリサーチして提供するコトを意識しましょう!

「みんなは〇〇について知りたがっている。だから〇〇について書こう」
 と、このように考えて下さい。

初心者が自分の思いついたテーマを配信するのはギャンブルですが、
需要のあるテーマを配信すれば外れることはありません。

これは例えるなら・・・

公園で遊んでいる小学生に、
自分の好きなお菓子を渡すか、
それとも小学生に人気のあるお菓子を渡すかって感じです。

後者のほうが喜ばれることでしょう(*´ω`*)

ということで、今日は最高のネタ探し方法についてお届けしました。
ご参考になれば幸いです。