こんにちは、秋山です。

    アフィリエイトで稼げない方の多くは「アクセスアップ」を重視しますが、残念ながらアクセスが集まっても稼げないことが多いです。

    その理由は以下の2つ。

    • ブログのコンセプトが定まっていない
    • コンテンツの質が低い

     

    物販アフィリエイトの場合、上記の2点が出来ていなければコンバージョン(成約率)がとても低くなってしまいます。つまり商品が売れない「稼げないブログ」というわけです。

    頑張ってアクセスアップ活動に取り組んでも、ブログ自体に問題があれば稼げませんよね。それは「穴の開いた皿に水を注ぐ」ようなものです。

    ですので、アクセスアップよりも成約率の高いブログを目指すことを意識して下さい。お皿の穴を埋めて水がたまるようにしましょう。

    今回はこのあたりの解説をさせて頂きます。

    ブログのコンセプトを見直してみよう

    コンセプトを考える上で大切になるのが「ターゲット設定」!

    「誰に向けて情報を配信するのか」「読者さんをどこに導きたいのか」が定まっていないと、成約率の低いブログになってしまいます。

     

    以前の私もそうでしたが、独学でアフィリエイトを勉強されてる方は「とりあえず趣味のブログを作ろう」とか「とりあえずダイエットのブログを作ろう」と大きな枠組みで考えてしまいがち。

    ターゲットとか何も意識せずに「ダイエットに役立つ情報を配信しよう」と考えます。これをすると「様々な属性の読者さん」がブログに集まることになり、稼ぐことが難しくなります。

     

    登場人物Aアフィカス君

    属性って火タイプとか水タイプのこと?

    登場人物B秋山さん

    違うよ、ゲームじゃないんだから。
    興味や関心がバラバラな人が集まるって意味だよ。

    なぜ集まる読者さんの属性がバラバラだと稼げなくなるのか?

    「ダイエット」の総合情報ブログを例に考えてみましょう。

    ダイエットの総合情報ブログを運営すると「お腹やせ」「太ももやせ」「お尻やせ」などの様々な記事を書くことになるので、ブログには悩みの異なる読者さんが集まります。(お腹やせに興味のある人、太ももやせに興味のある人、お尻やせに興味のある人などなど)

    それだと記事を更新しても「特定の読者さん」にしか響きません。

    例えば「お腹やせ」の記事を書いても「お腹やせに興味のない読者さん」には響きませんよね?

    つまり、総合的な情報を扱うと「(ブログ全体でみた場合)誰にも響かないブログ」になってしまいます。読者さんの感情を動かすことができないので商品の購入には至りません。

     

    特定の悩みに特化した専門ブログには勝てない

    成約率が高いブログというのは「お腹やせ」や「太もも痩せ」に特化した専門ブログ。

    もしも「お腹やせに興味のある人」が「お腹やせに特化したブログ」を見つけたらどう感じるでしょうか?

    自分の興味ある記事ばかりで構成されたブログになるので「まさに自分のためのブログ」に感じるはずです。

    きっと「こっちの記事も気になる」「あっちの記事も気になる」と何ページにも渡って記事を読んでくれる可能性は高いでしょう。ブックマーク(お気に入り登録)してもらえるかもしれません。

     

    結局強いのは「特定の悩みに特化した専門ブログ」です。

    お腹やせに興味ある読者さんだけを集めて「お腹やせの商品」を紹介すれば成約率が高くなるのは当たり前です。

    あなたも「誰に向けて情報を配信するか」を定めて、見込み客となるターゲットだけに響く記事を投稿して下さい。

     

    登場人物Aアフィカス君

    特定の属性だけなんてイヤだ。ボクは全員に響くブログにしたい。全体攻撃のほうがいい!

    登場人物B秋山さん

    全員に響かせようと思ったら高度なライティングスキルやコンテンツボリュームが必要になるよ。

     

    コンテンツの質が低いとアクセスを活かせない

    もうひとつ!

    いくらアクセスを集めても「コンテンツの質」が低いと成約には結びつきません。

    例えるなら、まだ店内が散乱してる状態なのにお客さんを呼び込むようなものです。お客さんは幻滅して何も買わずに店から出てしまいます。

    つまり、お客さんを呼び込むよりも店内を整えること(良質なコンテンツ作り)が先決です。そうでなければアクセスを活かすことができません。

     

    まだ良質なコンテンツが作れないうちは「宣伝」を目的としたアクセスアップ活動は控えめにして下さいね。例えば、他人のブログにコメントをつけて回る「コメント回り」とか!

    空いた時間にチョロっとやる分には構いませんが、そこに何時間もかけてしまっては本末転倒です。アクセスアップに力を注ぐのは「良質なコンテンツが作れるようになってから」にしましょう。

     

    良質なコンテンツを作るためには

    こればかりは数をこなすしかありません。

    ライティング(文章の書き方)の基礎を学んで、読者さんに「喜んでもらうぞ」という意識で記事を書くこと。この意識を持って継続すればコンテンツのレベルは上がっていきます。

    才能やセンスに関わらず「読みやすい文章」「伝わりやすい文章」は経験を積めば誰にでも書けるようになりますのでご安心下さい。

    ライティングの話をすると長くなってしまうので、詳しく知りたい場合は以下の記事をご参考下さい。

     

    アクセスアップは中盤以降に取り組むべし

    ではでは、今回の記事をまとめます。

    アクセスアップに力を注ぐのは以下の2点が出来てから!

    • ブログのコンセプトを明確にする
    • 良質なコンテンツが作れるようになる

    まずは、あなたの見込み客となるターゲット(誰に向けて情報を届けるか)を定めて、ターゲットに向けた記事を投稿し続けること。

    これが出来れば、徐々に検索エンジンから見込み客は集まります。

    アクセスアップ活動に力を注ぐのはその後ですね。全体的な流れで言えば「中盤以降」に取り組むステップになります。

     

    もし、あなたがアクセスアップを頑張っているのであれば、改めて「ブログのコンセプトは定まっているか」「コンテンツの質は高いか」を見直してみて頂ければなと思います。

    だいたいの場合、早く取り組み過ぎてしまっているので。

     

    登場人物Aアフィカス君

    ふーん。まぁ、ボクは良質なコンテンツが作れるから問題ないな。今日も頑張ったし。

    登場人物B秋山さん

    いやいや、全然ダメだよ。今日の更新みたけど、50文字くらいしか書いてなかったじゃん。

    登場人物Aアフィカス君

    そんなに少なくないし。62文字だよ。

    登場人物B秋山さん

    同じようなものだよ。