情報商材のよくある質問まとめ

    こんにちは、秋山です!

    この記事では情報商材(稼ぐ系)に関する「よくある質問」について、私の視点からお答えします。商材に関する疑問解決に繋がれば幸いです。

    また、この記事で取り上げていない疑問がある場合は「メールフォーム」より送って頂けますと幸いです。ご質問には必ず返信させて頂きます。

     

    情報商材は詐欺と聞きましたが本当ですか?

    詐欺と聞きましたが本当ですか?

    情報商材全てが詐欺というわけではありません。確かに内容が粗悪な詐欺商材もありますが、濃い情報がまとめられた優良な商品も存在します。

    詐欺というイメージが強いのは昔の名残です。10年ほど前は、ふざけた内容のPDF(数ページ)が5万や6万で販売されていました。

    私は評判を調べて買うので騙されたことはありませんが、聞いた話では「お金を借りてください。そうすれば1日で〇〇万円手にできます」と消費者金融のリストが表示されていた商材があったそうです。ふざけてますよね(^_^;)

    今は時代が変わり、コンテンツがしっかりとした優良な商材が増えました。例えば、商材の王手販売サイト「インフォトップ」では、商品登録時の審査を厳しくしたり、評価できる商材を「殿堂入り」にしたりと「質」を高める対策が行われています。上記のような明らかな詐欺商材は掲載されません。

     

    私自身、インフォトップで「殿堂入りした商材」をいくつか購入したことがありますが、詐欺とは真逆のものばかりでした。特に初めて購入したときは、圧倒的なコンテンツボリュームと「質の高さ」に驚いたものです。本屋で売られている書籍がショボく感じたほどです(笑)

    ただ、詐欺商材が減ったと言っても、インフォトップを通さず個人で販売されていらっしゃる方もいるので注意は必要です。(インフォトップで販売されているものでも、評価の低い商材もあるので過信は禁物)

    購入するときは信用できる人物が紹介するものや、インフォトップで殿堂入りした商材を選択すれば、優良な商材に巡り合うことができます。

     

    本当に稼げるノウハウなら公開しないのでは?

    本当に稼げるノウハウなら公開しないのでは?

    稼ぎ方を教えるというのは怪しく感じるかもしれませんが、商材販売者がやっていることは情報販売。つまり「人に教える」ということです。

    人に教えることは立派なビジネスになります。本を出して売るのもそうですが、例えば家庭教師、塾講師、学校の先生、パソコン教室の先生、ピアノ教室の先生など。これらは全て、自分が得た「知識」や「スキル」を人に教える仕事になります。本質的には、情報販売と変わりません。

    需要があればマネタイズ(収益化)できるので、稼げるノウハウを人に教えること自体は何ら不思議なことではありません。本当に稼げるノウハウを公開したならば、購入者からの評価を受けてたくさん売れることでしょう。販売者はさらに利益を伸ばすことができます。

     

    あと、この質問には「ノウハウが広まれば飽和して稼げなくなるのでは?」という意味も込められていると思うので、そちらについてもお答えいたします。

    確かにノウハウによっては飽和の影響を受けて全く稼げなくなる手法もあります。例えば「コピペで稼ぐ」みたいな手法がコレに該当します。全く同じコンテンツがネット上に量産されると、検索エンジンから排除されるためです。

    ですが、自分の頭で文章を考えて「独自性(オリジナリティ)」を出すような手法であれば、実践者が増えても飽和の影響を受けることはほとんどありません。(差別化ができるため)

    ですので、情報商材でもビジネスの本質を学べるような「王道の手法」であれば、たとえノウハウが広まっても販売者が稼げなくなることはありません。そして、あなたが学ぶべきノウハウも「王道の手法」でなければなりません。長期的な収益を目指しているのであればですが。

     

    ネットで検索しても出てこない情報が書かれてるの?

    ネットで検索しても出てこない情報が書かれているの?

    商材は、誰もが知らないような凄まじい情報が書かれているというものではありません。商材に書かれている内容は、グーグルで調べれば見つけることができます。

    もちろん、著作権があるので商材に書かれている内容と全く同じ文章はありませんが、同じような内容を配信していらっしゃる方はたくさんいます。

    「だったら商材に価値なんてないじゃん」と思われるかもしれませんが、商材の良いところは体系的に学べるところ。体系的に学ぶというのは「全体像を把握して正しい順番で学ぶ」という意味になります。

    実は、ネットで検索した場合は体系的に学ぶことが非常に難しいです。情報自体はいくらでも手に入りますが、どうしても断片的な情報になりますし、「その情報は正しいか」「自分が実践している手法に必要か」「どのような順番で取り込めばよいのか」という判断は、成果を出せていない方にはとっても難しいことです。

     

    情報商材は絶対に必要なの?

    情報商材は絶対に必要なの?

    すでにアフィリエイトで成果が出ているのであれば必要ありませんが、まだ成果が出ていない場合は必要だと感じます。なぜなら、基礎も含めて「効率よく正しい手法が学べる」ためです。

    独学で出来ないこともありませんが、運、才能、センスなどの要素に大きく左右されるのでリスクが高いです。ちなみに、私は最初独学で取り組みましたが、とんでもなく遠回りしました。出だしは「運」に恵まれたこともあり順調でしたが、基礎が身についていなかったので稼げなくなりました。(その後は商材からビジネスの基礎を学び復活できました)

     

    自分の経験からも言えますが、独学だと確実に遠回りすることになります。アフィリエイトはビジネスになりますので、素人が自己流で取り組んで成功できるほど甘くはありません。作業自体は中学生でもできるレベルなので簡単ですが、正しい作業手順や、成果を出すための思考(考え方)は成功者から学ぶ必要があります。

    優良商材を忠実に実践すれば、誰が実践しても同じような結果が出る「再現性の高い手法」に取り組めるので失敗することはありません。アフィリエイトで成果を出すための思考(考え方)も身に付くので、最初は商材を実践されることをオススメいたします。

     

    情報商材を買えば誰でも稼げるようになるの?

    情報商材を買えば誰でも稼げるようになるの?

    なりません。

    この質問は「参考書を買えば頭が良くなりますか?」と同じような質問になります。参考書を買っただけで頭が良くなることはありませんよね。頭が良くなるかどうかは、買った後の「あなた」の行動次第になります。

    どれだけ分かりやすい参考書でも使わなければ何の役にも立ちませんが、しっかりと取り組めば確実に知識を得ることはできるでしょう。

    情報商材も同じで、あなたの取り組み方で稼げるかどうかは決まります。アフィリエイトの作業自体は決して難しくありませんし、他のビジネスと違ってお金がほとんどかかりません。ですので、正しく取り組み継続すれば必然的にプラスになります。

    本人が主体となって頑張る意識があれば稼げますが、逆に「楽して稼ぎたい」とか「商材まかせ」の考え方では、難しいと言えます。

     

    情報商材の危険性について教えて

    情報商材の危険性について教えて下さい

    様々なノウハウを持ってるにも関わらず成果を出せない方のことを「ノウハウコレクター」と呼びますが、商材を購入することでノウハウコレクターになる危険性があるので注意が必要です。

    特に、初めて優良商材を購入したときは情報の深さに「スゲーーー!!」と感動される方が多いので、警戒心がなくなり他の商材も買ってしまうケースがあります。例えば「あの商材も気になる」「あっちはどんなノウハウなんだろう?」「あの商材のほうが簡単なのでは?」と、2個も3個も買ってしまうような感じですね。

    軸となる商材は1つあれば十分なので、2個も3個も買う必要はありません。というか1つの手法に集中できなくなるので買ってはいけません。

    中途半端に手をつけても無駄になることが多いので、これをやると決めたら「半年間は打ち込む覚悟」で1つの手法に集中することが大切です。そのように決意して、他の商材などの情報を遮断すればノウハウコレクターになることはありません。

     

    あとは重複する内容になりますが、中身が粗悪な詐欺商材も存在するので、決してネットサーフィン中に適当に見つけた商材を購入しないこと。

    それと、コピペや自動ツールなどの「楽」を売りにした手法ではなく、基礎が学べるような「王道の手法」が解説された商材を選ぶことです。あなた自身が着実にスキルアップできるほうを選択して下さい。

    ご参考になれば幸いです。